HOME > お役立ちコラム > 美容室のカラー剤と市販のカラー剤の違いについて

美容室のカラー剤と市販のカラー剤の違いについて

綺麗に髪の毛を染めたい場合、美容室のカラー剤を利用するのか、市販のカラー剤を利用するのか、どちらの方が好ましいのでしょうか。

今回は、美容室と市販のカラー剤の違いについて紹介していくので、参考にしてみてください。

カラー剤の成分的なバランスの違いはほとんどない

美容室のカラー剤と市販のカラー剤では、成分的なバランスの違いはほとんどないと言われています。どちらも髪の毛を染めるという行為自体には、問題がないようです。

そのため、金額的に安く髪の毛を染めたいという方がいれば、市販のカラー剤の方が良いということもあるでしょう。

二つのカラー剤の違いは薬剤の強さにある

成分的なバランスに違いがないのであれば、二つのカラー剤はどのような違いがあるのでしょうか。それは、カラー剤に含まれている薬剤の強さにあります。

美容室のカラー剤に関しては、厳選されたカラー剤が使用されているので、顧客の髪質や髪の状態に合わせてベストなカラー剤を選択してもらうことが可能です。

市販のカラー剤の場合は、含まれている薬剤が強い傾向にあります。薬剤が強い理由としては、うまく髪の毛が染まらなかったなどのクレームが発生しないように、意識的に強い薬剤が使用されているためです。

そのため、市販のカラー剤の方がお得に髪の毛を染めることができるかもしれませんが、毛先がボロボロになってしまうなど、デメリットもあるので、綺麗に染めたいのであれば、美容室のカラー剤の方がおすすめになります。

プロが利用している美容室のカラー剤の方が綺麗に染まる

美容室のカラー剤は、顧客一人一人に合わせてベストなカラー剤が使用されることから、綺麗に髪の毛を染めてもらうことができます。

カラー剤を、自分の髪に合った物を選択して使用してくれるのは、プロの知識やスキルが必要になるので、それだけでも美容室で髪の毛を染めてもらうメリットはあると言えるでしょう。

より自分の髪質にあったカラー剤を使用してもらいたいのであれば、美容室のカラー剤を利用してもらうことをおすすめします。

カラー剤の違いについて理解した上で選ぶ

紙の毛を染めるカラー剤は、美容室の物と市販の物では、成分のバランスが大きく違わないとしても、薬剤の強さが異なります。 自分の髪質に合ったカラー剤を使用したいのであれば、美容室のカラー剤を選択する方が良いでしょう。 またカラー剤の種類だけでなく、プロの技術で髪の毛を染めてもらう方が、綺麗に染めることができるので、美容室に足を運んで美容師の方に髪の毛を染めてもらった方が、より自分に合ったカラー剤を使用してもらうことができます。

コラム集
~アミノ酸シャンプーについて~

【エイジングケア】夏の覚えておきたい頭皮・ヘアケア!!

夏は、髪や頭皮が傷みやすい時期と言われていることから、正しくヘアケアを行わないと、髪がボロボロになっ…

梅雨対策は縮毛矯正だけじゃない!効果的なヘアケアとは?

梅雨になってしまうと、湿気の影響でくせ毛がひどくなることから、縮毛矯正を美容室でお願いする方も増えて…

美容室のカラー剤と市販のカラー剤の違いについて

綺麗に髪の毛を染めたい場合、美容室のカラー剤を利用するのか、市販のカラー剤を利用するのか、どちらの方…

おすすめNo.1
アミノ酸シャンプー